痩せたい女性が気を付けたい!過度なダイエットは拒食症の始まり

女性の中には0.1g痩せただけで「やった!痩せている」とありえないほど嬉しくなる女性もいるかもしれませんね。

その他、ダイエットに異様に執着している方や太ることが怖くてしょうがないという方もいるのが現実です。

 

実際は「痩せられるから良いじゃん」って思うかもしれないのですが、それは拒食症の兆候とも言えるでしょう!

最初はちょっとしたダイエットのつもりでも、実は過度なダイエットをしていて、気付いたら摂食障害になってしまう女性も少なくないです。

 

今回は、極限まで食事制限するダイエットなどで気を付けておきたい拒食症についてまとめます。

女性

精神的に追い込まれる

拒食症の多くが、精神的にストレスを抱えていたり、メンタル的にうつ病などの精神病に悩まされていたりすることがあります。

「それなら私は大丈夫だ」って思うかもしれませんが、最初はどの女性もちょっとしたことがきっかけだったりします。

 

「最近太って来たし、夜の食事を抜こうかなぁ」なんて考えている方は初期症状かも。

そういうダイエットのきっかけとなる“痩せたい欲求”が強くなりすぎることによって、食事自体を拒否してしまうようになります。

 

一度食べた食事を吐き出してしまったり、そもそも食事すら摂れなくなってしまったりすることもあるワケです。

一度食事しなくなると、身体が拒否反応を示すこともあり、場合によっては緊急入院が必要となることもありますよ。

 

拒食症は命の危機に瀕する

拒食症に悩む女性が多くなったことによって、「拒食症」というワード自体が頭や視界に入ってくることも多くなったと思います。

しかし、それによって一種の麻痺状態になっていて、「あぁ・・・なんだ、拒食症で悩む女性が多いなら、そんなに心配する必要もないか」と思ってしまう方もいます。

 

摂食障害は、放置しておくと命にも関わる重大な病気の一つです。

過食なども症状としてはあるものの、拒食の方が多い傾向にあります。

食事を摂らなくなると、当然栄養を摂取できないワケですから、身体がどんどん弱っていくのは目に見えてわかりますよね。

 

ダイエットや綺麗になりたくて痩せているのに、命を落としてしまっては本末転倒ですよね!

 

ガリガリは美しくない

女性の中には、「痩せたら痩せているほど可愛い」と勘違いしている方もいます。

結構ガリガリな状態なのに、それでも「まだ痩せないと」と思ってしまうことがあるのは、すでに摂食障害が進行しているとも言えますね。

 

ここでしっかり言っておきたいのですが、ガリガリなのは美しくありません。

もちろん人の基準によって好みが違ってくるので一概には言えないものの、ガリガリな状態の女性が健康的で美しいとは言い難いです。

 

本来美しくいるためにダイエットしている方も、痩せることに対して異様な歓喜を抱く方は、十分気を付けておきたいところですね。

 

 

 

ダイエットは定期的に必要ですし、確かに太っている肥満状態よりは、ある程度痩せている方が健康的で綺麗です。

しかし、それも行き過ぎると当然綺麗とは言えなくなるので、注意しておきましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です