ぽっこりお腹を部分痩せしたい!どうすれば部分やせできる?

ぽっこりお腹の部分やせのコツは?
醜いお腹におさらばするポイントは?

毎日の生活の中でおいしい食事を食べている時間というのはとても幸せですよね。
特に最近の食事はどれもが美味しいものばかりですし、美味しいものが手軽に買うことができます。
ただし、美味しいものはカロリーも高いのでどうしても太ってしまいます。

さらに日々の運動不足や不規則な生活が積み重なることによってぽっこりお腹になってしまいます。
ぽっこりお腹の原因や対策方法について考えてみましょう。

ぽっこりお腹解消法

食べ物選びでまずはぽっこりお腹を解消しましょう。
ぽっこりお腹はただ脂肪がついているだけではありません。
女性に多いとされている消化不良、腸内環境の悪化によって細胞間の水分量が多すぎるのかもしれません。

体自体が水分を溜め込みやすくしてしまいますので、そのちゃぽんちゃぽんになったお腹を解消することができる食品を積極的に摂取しましょう。
例えばローズマリーやターメリックです。
ローズマリーというのは胸焼け、高血圧に効果的です。
さらに腸内のガスの量を調節して消化吸収を助けてくれます。

ローズマリーはドリンクに入れるのもおすすめです。

ストレッチでお腹のぽっこりを撃退

ストレッチというのはお腹のシェイプアップに効果的とされています。
仰向けになって腕を真横に広げます。
そして息を吐きながら腰を持ち上げてその状態を20秒程度維持します。
これだけで良いので試してみましょう。

また、ストレッチだけでなく姿勢を良くするのもおすすめです。
姿勢が悪くなると代謝が低下してしまったり、体の一部分に負荷がかかってしまいますので怪我の原因になります。
さらにお腹がぽっこり出てしまうのです。

姿勢を本来のあるべき状態に戻すことによってお腹の張りが戻ってウエストラインもキュッと引き締まって部分痩せできるようになります。
まっすぐ立って手の親指を外にむけるだけです。
それだけで胸が張って理想的な姿勢に戻すことができます。

インナーマッスルの強化もおすすめです。
インナーマッスルを鍛えることによって下に下がった内蔵の位置を元の位置に戻すことができます。
ぽっこりお腹の原因としてインナーマッスルの筋力低下が挙げられます。

インナーマッスルが弱ってしまうことで内蔵が垂れ下がってぽっこりお腹を作りだしてしまうのです。
このインナーマッスルをしっかりと鍛えることで内蔵の位置を元に戻し、ぽっこりお腹を解消できるのです。

このようにぽっこりお腹を解消する方法というのはいくつもあります。
この解消法を毎日コツコツ継続することで、少しずつですが解消することができます。
お腹を重点的にシェイプアップしますので、お腹の部分痩せも可能です。

ぽっこりお腹を解消するためには筋力トレーニングやストレッチ、食生活、生活習慣の改善などが重要ですので結果的に体全体が健康的に改善されます。
ぽっこり出てしまったお腹を引っ込めると同時に理想的な姿勢や筋力を手に入れるために少しだけ努力してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です