妊娠中におすすめダイエット食材

辛かったつわりが治まってきたところで、今度は食欲との闘いです。

dinner

妊娠中はおなかの赤ちゃんの分も含めて二人分食べる・・・

 

なーんて、無謀なことしてませんよね?!

 

妊娠中の体重増加の許容範囲は個人差にもよりますが大体10kg前後です。

 

つわりが治まったら何でも美味しく感じちゃいますからね・・・

 

だからこそ体重増加に気を付けなくちゃいけないんです!

 

そこで、妊娠中の体重増加を防ぐ、おすすめのダイエット食材をご紹介します。

 

 

妊娠中のダイエットで気を付けることは?!

no

 

 

 

妊娠前のような過度な食事制限やハードな運動は絶対にNG!

 

お腹の中にいる赤ちゃんへの負担が大きくなり、流産や死産、難産など様々なトラブルの原因にもなるんです。

 

一番気を付けて頂きたいのが食事です。

 

妊娠中は子宮の中で羊水や胎盤が作られて、赤ちゃんもどんどん大きくなるので、体重が増えるのは当然のことです。

 

しかし、妊娠中というのは体力も使いますが、ホルモンの関係で脂肪が付きやすい身体になっているんです。

 

そして、へその緒で繋がれている胎児にはあなたが摂取した食べ物の栄養素が届くわけです。

 

油分が多いものや塩分が多いものを摂取し続ける事で、それだけ胎児にも大きな負担がかかるんです。

 

痩せることにこだわるのはやめて、健康の為に体重増加を防いで安産で、健康な赤ちゃんが産めるような身体作りをしましょう!

 

 

妊娠中だからこそ摂りたいダイエット食材はコレ!

rice

 

 

 

妊娠前のダイエットで注意することと言えば、炭水化物ですよね!

 

炭水化物は太ると言われており、食事制限の際に真っ先にカットされる栄養素ではないでしょうか?!

 

しかし、妊娠中こそ太ると言われている炭水化物が重要な働きをしてくれるんです!

 

炭水化物は太ると言われていますが、摂取しすぎるからこそ太る原因となってしまうんです。

 

適度な量を心掛けてさえいれば太ることはありません。

 

妊娠中はとにかく体力が必要です。

 

その体力のエネルギーになってくれるのが炭水化物なんです。

 

ただの白米を食べるのではなく、玄米などを入れて炊くだけで食物繊維やミネラルも摂取できるのでお勧めです。

 

妊娠中は体温が高くなっているので新陳代謝も良くなっているんです。

 

新陳代謝を高めて食べながらダイエットするのであれば、炭水化物がピッタリな食材なんです!

 

 

妊娠中のダイエット食を作るときのポイントは?!

unnbunnkatto

 

 

 

妊娠中は特に塩分、脂質、糖質には気を付けてほしいです。

 

味が濃いものはついつい食が進んでしまいカロリーオーバーになってしまうことだってあるんです。

 

いつもよりも味付けは薄めにしてあげる事で摂取カロリーを抑える事が出来ちゃいます。

 

また、普段以上に野菜を多く食べることを意識しましょう。

 

ただし、生野菜などは金が付いていることもありますので、蒸すなどして温野菜にして食べるようにしましょう。

 

ちょっとしたことでも、胎児にはすぐ影響してしまいます。

 

また、肉料理は適度に油分をキッチンペーパーなどで吸収させて、寄り過ぎない様にしましょう。

 

薄味は慣れるまでは少し時間がかかるかもしれませんが、体重増加を防ぎ赤ちゃんと母体の健康を考えると・・・頑張るしかありませんね!

 

ちょっと手間をかけてあげるだけです。

 

体重増加しても何も良い事はありませんからね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です