注目オイルに健康食材をプラスしてスリム効果をアップしよう

オイルといえば、昔はカロリーが高くダイエットにはよくないと言われていました。
最近では脂肪燃焼作用があり、便秘や肌荒れにも効果があると研究で報告されています。
オイルを上手にとると、内臓脂肪が減ってウエストのサイズがダウンします。
話題のオイルと健康食材を美味しく食べてきれいなスタイルを作りましょう。

ac0fc32c3d8ef8c8a511b284d09a2b2b_s

オリーブオイル

8b64e18a63806cb314dec182e1783e47_s

オリーブオイルは、オレイン酸がたっぷり含まれています。
オレイン酸は血液の中のコレステロールのバランスを整えてくれて
善玉菌を増やしてくれます。
そして腸の運動を高めてくれるため、便秘にも効果があります。
オリーブオイルと相性がいい料理が、パスタです。
特に夏はトマトがおいしい季節なので、冷たいトマトパスタにして食べてみましょう。
パスタは炭水化物ですが冷やすことによって、レズシタントスターチという
食物繊維の働きをするでんぷんに変化するので、体に脂肪がつきにくくなります。

ココナッツオイル

1288b2f74a4c020470c9c11f263300ee_s

ココナッツオイルは、モデルさんが使っていることが話題になり日本でも
人気になりました。
成分の7割が中鎖脂肪酸なので、脂肪の代謝を促進する働きがあります。
ココナッツオイルはデザートや洋風料理と相性がいいです。
発酵飲料の甘酒とココナッツオイルを混ぜて凍らすと、冷たくて健康にいい
デザートになります。
甘酒は飲む点滴とも言われ、夏バテにも効果が高い健康飲料です。

アボカドオイル

d9c804fc92f27339a78937aca1cc7455_s

アボカドの果実から作った油で、ビタミンBが豊富に含まれています。
カリウムも含まれているので、塩分が体の外に出てむくみが解消されます。
むくみが発生すると血流が悪くなるので、早く改善する必要があります。
ヨーグルトに、カリウムが多いりんごを合わせるともっと効果が高くなります。

アマニ油

アマの植物の種から作られていて、αーリノレン酸が多く含まれています。
血液をサラサラにして、免疫力を高めてくれてアレルギーの炎症リスクを
低下します。
火を通すと酸化するので、ドレッシングでサラダに使いましょう。
生で使う場合も、2週間以内に使い切ります。
抗酸化作用が強いブロッコリーのサラダに使うと、スリム効果がアップします。
サラダに使うときはマヨネーズに混ぜて使っても、美味しいです。
マヨネーズはカロリーが少ない商品も、販売されています。

えごま油

ef2ba11dbfc0a161984c1eb677a0ed7f_s

えごま油はしそから摂取した油でアマニ油と同じように、αーリノレン酸が豊富です。
脂肪の蓄積を防ぎ、悪玉コレステロールを除去してくれます。
加熱すると酸化するので注意しましょう。
えごま油は、ドレッシングとして使う方が多いですが
野菜サラダに、えびを入れるとたんぱく質がプラスされます。
カルシウム、亜鉛、カリウムなどのミネラルも含まれています。

最後に

美容オイルの効果や、相性がいい食材で内臓脂肪を減らして
スリムなスタイルになりましょう。
内臓脂肪が減ると、スリムになるだけでなく生活習慣病の
予防にもなります。
便秘が改善することで、ストレスも解消して気持ちも明るくなります。
体を動かすのも楽になるので、運動するのも楽しくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です