お尻が垂れてしまうのはどうして?どうすればキュッと引き締められるの?

お尻が垂れる原因はなに?
お尻を引き締めるコツをご紹介します。

お尻が垂れるのはどうしてなのでしょうか。
このお尻が垂れる原因は姿勢が大きく関係しています。

お尻が垂れるのは加齢、体重の増加が原因であると思われがちなのですが、本当は姿勢が大きく関係しています。
特に猫背の人は注意が必要です。
普段から意識をして猫背を治すというのは重要ですが、筋力がなければ正しい姿勢を維持するのが苦痛に感じられてしまいます。

その結果猫背になってしまうわけです。

 

重心が偏っている

立っている時に片方に重心がいつも寄ってしまっている人も注意が必要です。
信号待ちや無意識に立っている時に気がつくとどちらかの脚に重心が寄っていた…
そのような場合には常に重心が片方に寄っている可能性があります。

重心が片方に寄ってしまっていると、また関節の位置が不安定になってしまうのでお尻の形が悪くなってしまうのです。
さらに腰、膝などの関節にも負担をかけてしまい、お尻が垂れやすくなってしまうのです。

足を組んだように立っていると脚が細くみえるので、モデル立ちをしている人も多いのですが、重心が片方に偏るのであれば体を歪ませたりお尻が垂れる原因になってしまうのです。
姿勢というのは簡単には改善できるものではありませんが、体に不調が起こるリスクは非常に高くなりますので矯正していくようにしましょう。

 

美尻はウォーキングで手に入れる!?

きれいな形のお尻を作るには、まず歩き方を意識してみてください。
正しい歩き方について考えてみましょう。

まず背筋をすっとまっすぐに伸ばして、腕をいつもよりも少し大きく振ります。
そして歩幅をいつもよりも足半分くらい広くとります。
さらに着地はかかとから着くようにしてください。

そして下腹に力を入れるように意識して歩くことで腹筋も引き締まるのでおすすめです。
ウォーキングをしている方はもちろんですが、通勤時などにしっかりと意識をして歩くようにしましょう。
歩くというのは誰もが行うものですので、意識をしてウォーキングをすることで効率よくお尻を引き締めることができます。

また、普段はエレベーターを使用していても、階段を使うようにしてみてください。
電車やバスを待っている時には座り込むのではなく、お尻をキュッと引き締めるようにして背筋を伸ばして立つようにしましょう。

たったこれだけのことなのですが、普段の生活の中で心がけるだけでも少しずつですが着実に体に変化が起こるはずです。
どれだけ意識をしていても、ついつい悪い姿勢に戻ってしまいます。
そのため、ショーウィンドウや自動ドアなど自分の姿の写るところでは自分の姿勢をしっかりと意識するようにしましょう。

そうすれば、自分の姿勢が悪くなっている、意識が足りないということに気がつけるはずです。
姿勢が悪くなっていれば、その度にお尻を引き締め、背筋を伸ばして理想の姿勢に戻しましょう。

毎日継続していれば、たるんでしまったお尻も少しずつキュッと引き締まり、ずっと欲しかった理想のお尻を手に入れることができるはずですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です