妊娠中のこんなダイエットは危険!

ダイエットは女性にとっては必要不可欠なものですよね。

diet

しかし、時と場合によってはそのダイエットが危険なものになる場合だってあるんです。

 

特に妊娠中のダイエットには危険がいっぱい!

 

せっかく授かった命を大切にするためにも今すぐ、間違ったダイエット方法をやめましょう!

 

あなたの身体だけではなく、胎児にも大きな影響を与えることになってしまうんです。

 

 

そもそも妊娠中にダイエットはしても良いの?!

hmm

 

 

 

もちろん、ダイエットが必要な場合だってあります。

 

しかし、妊娠中も細い体型でいたい・・・そんな自分勝手なダイエットは絶対にNGです。

 

妊娠中でなければ、その考えは大賛成ですが・・・

 

妊娠中にダイエットが必要か否か・・・

 

それは元々の体重と妊娠後の体重の増え方によって大きく変わってきます。

 

まず、もともとの体重から何キロまで増えてもいいのかをご紹介します。

 

まずは、BMI数値を計算して出してみましょう。

 

BMI数値とは計算式によって排出された数値によって痩せ型・標準・太り気味と言った数字が出るわけです。

 

BMI数値の計算方法は・・・

 

妊娠前の体重(kg)÷身長(cm)÷身長(cm)=BMI数値

 

となります。

 

例えば身長157cmで体重が50kgの場合は、

 

50÷1.57÷1.57=20.28となります。

 

BMI数値は20.28になります・

 

18.5未満で痩せ型、18.5~25.0は標準、25.0以上は太り気味と、なります。

 

妊娠中の体重増加は痩せ型の人で9~12kg、標準の人で7~12kg、太り気味の人で7~12kgとなります。

 

ただし、この数字の中には胎児の重さや羊水、胎盤や血液量なども含まれています。

 

この数字内であれば、そこまでダイエットをする必要がありませんが、この数字をはるかに超えた人の場合はダイエットが必要になってくるんです。

 

体重増加の許容範囲を越えてまで増えた人のみダイエットが必要となってくるんです。

 

 

どうして痩せなきゃいけないのか・・・

ninnpuyoga

 

 

 

妊娠中なんだし、太っても平気平気!と思っているそこのあなた!

 

妊娠中に太ってしまう事で、様々なデメリットがるのをご存知ですか?!

 

まず、体重増加の許容範囲をオーバーしすぎてしまう事で、身体にたっぷりと脂肪がついてしまいます。

 

もちろん、産道にもです。

 

産道に脂肪がついてしまう事で、赤ちゃんが出にくくなってしまう事があり、難産になってしまう事もあるんです。

 

また、高カロリーのものばかりを摂取しすぎていると、胎児が巨大化してしまい、難産になってしまう場合も・・・

 

太ってしまう事で安産ではなく難産になってしまう事があるんです。

 

太ることで様々な病気になってかかりやすくなってしまうんです。

 

それが高血圧や糖尿病です。

 

妊娠中でもこまめな体重管理が必要です。

 

 

痩せ型、標準の妊婦さんのダイエットは危険?!

kiken

 

 

 

あくまでも妊娠中のダイエットは安産にする為であったり、赤ちゃんの事を考えてのダイエットですが、痩せ型の人や標準の人が無謀なダイエットをしてしまう事で、赤ちゃんには大きな負担になる事だってあるんです。

 

無理なダイエットをしてしまう事で、流産してしまったり死産になってしまうことだってあるんです。

 

健康な母体があってこその妊娠出産です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です