妊娠中のダイエットは有りか無しか?!

妊娠中の方もこれから妊娠を希望される方も・・・

ninnpu

妊娠中の食生活や生活習慣が一番大事です。

 

しかし、酷かったつわりが終わってやっとなんでも美味しく感じる時期がやってくるとともに出てくる問題・・・

 

それが体重増加です。

 

もちろん、胎児の分もありますから多少の体重増加は許容範囲とも言えますが、明らかな体重増加には注意が必要です。

 

そこで、妊娠中のダイエットの是非について調べてみました。

 

 

妊娠中の体重増加はどのくらいまで?!

hmm

 

 

 

妊娠中と言っても妊娠初期から妊娠中期、妊娠後期とありますが、トータルでの妊娠中の体重増加は10kg前後です。

 

これは胎児の重さも含めてのお話です。

 

妊娠すると、子宮の中では羊水と胎盤が出来、さらに胎児の重さも加わってきます。

 

また、胸も大きくなり血液量も多くなるんです。

 

血液量や胸の張り、羊水や胎盤と胎児・・・これらを合わせて大体7kg前後は増えるんです。

 

これらを踏まえて体重が増加してもOKなのは10kg前後となります。

 

これは体型やBMI数値によっても変化します。

 

結構増えても大丈夫だと思っちゃいますが、これは筋肉量もありますので、実際に10kg太っても大丈夫とは言えません。

 

あくまでも目安です。

 

妊娠してから体重が減ることはありませんが、母体の健康面でも考えて過度な運動はNGです。

 

ですので、ちょっと気を抜いてしまうとすぐに体重は増えてしまうんです。

 

 

妊娠中に太ってしまうとどうなるの?!

wow

 

 

 

妊娠中はただでさえ体重は増えやすくなっており、子宮や胎児を守るために脂肪も付きやすくなっているんです。

 

それは生理的なものでごく自然なものとも言えます。

 

しかし、明らかな食べ過ぎでの体重増加はNGです。

 

妊娠中に太ってしまう事でこんな事が起きてしまうんです。

 

それは妊娠糖尿病です。

 

発症率の高い糖尿病ですが、妊娠中に発症してしまうと、高血糖になってしまいます。

 

高血糖になってしまう事で、子宮の中で胎児がどんどん大きくなり難産のリスクが高まってしまうんです。

 

また、高血圧症にもなってしまい、高血圧による頭痛やむくみなどの症状が出てしまい、母体だけではなく胎児にも危険が及んでしまうんです。

 

また、太り過ぎの人の場合は、産道にまで脂肪が付いていることが多く、難産のリスクは普通の分娩よりもグンッと上がってしまうんです。

 

 

妊娠中のダイエットは有りか無しか?!

ninnpuyoga

 

 

 

最初にもお話ししましたが、妊娠中の体重増加は10kg前後です。

 

妊娠中に体重が増加しないのも問題はありですが、体重が増加しすぎてしまうのも大問題なんです。

 

しかし、妊娠中なのでジムなどでのダイエットは不可能に近いですよね。

 

そこで、食生活の見直しと、適度な運動でのダイエットが最適なんです。

 

過度なダイエットではなく適度なダイエットです。

 

過度なダイエットは母体だけではなく、胎児への影響だって多くあるんです。

 

細く綺麗な妊婦でありたいのはわかります。

 

しかし、あなたは母親です。

 

痩せる事への執着よりも今いる、これからできる胎児の事を一番に考えましょう。

 

自分勝手なダイエットは後でも全然遅くありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です