体重増加を防ぐ妊娠中の食事でダイエット!

妊娠中は、妊娠前のようなハードな筋トレなどの運動はできませんよね・・・

hmm

しかし、ちょっと気を抜くとすぐに体重が増えてしまう・・・

妊娠しているわけですから多少の体重増加は当たり前!

でも、先生に注意されるほどの体重増加は避けるべきです!

「お腹に赤ちゃんがいるんだから二人分食べなさい!」なーんて言葉をうのみにしていたら、大変なことになっちゃいますよ!

そうなる前に食事で上手に妊娠中の体重増加を防ぎましょう!

何のためのダイエット?!

nooo
まずは、妊娠中の今、何のためにダイエットをするのかを考えましょう!

出産後のスタイルキープの為ですか?

妊娠しているけど細くみられたいためですか?

どちらも正解とは言えません。

何のためのダイエットか・・・

普段のダイエットであれば、美しく健康的な体型を維持するため・・・そう答えても不思議じゃありません。

しかし、妊娠中のダイエットは・・・健康的な赤ちゃんを生むため。

そして、難産ではなく安産で出産するため。

妊娠中の高血圧や糖尿病を防ぐため。

全ては母体と胎児の為のダイエットであることを念頭に置いてください。

自分勝手な美しいスタイルやオシャレのため、見栄の為のダイエットは出産後や卒乳後にしましょう。

まずは、健康な体で健康的なあかちゃんを生むための体重管理をしましょう。

妊娠中の食事はココに注意!

opps

 
妊娠前のダイエットの時には食べていたものの、妊娠中摂取すると危険度が上がってしまう食べ物があるんです。

また、昔はダメと言われていたものの最近でそこまで危険性が無いものなどもあるので一緒にご紹介します。

まず、ダイエットや崩れてしまった女性ホルモンのバランスを整えてくれる豆乳などの大豆製品や豆類。

昔はビタミンAが多く含まれているので注意が必要と言われていましたが、最近では、摂取のし過ぎにさえならなければそこまで危険ではないと言われています。

また、ダイエットにぴったりの飲み物でちょっとした休憩に飲むコーヒーや紅茶などのカフェインを含むものはNGです。

胎児に発育が遅くなってしまうなどの問題が起きてしまう事があるんです。

母体で摂取したものはダイレクトに胎児に伝わりますので注意しましょう。

アルコールなんて言語道断ですね!

また、ダイエット中の小腹空きにおすすめのチーズ!

チーズは発酵食品であり、カビが付いて出来ていますよね。

そのカビが原因で、流産や早産、死産などの原因にもなるので避けましょう。

妊娠中の食事でダイエットするときにおすすめの食材は?!

vegetable

 
妊娠中はバランスよく3食食べるようにしましょう。

太ると言われているごはんの炭水化物特に重要です。

エネルギーになりますからね!

身体を冷やさないようにするためにも、野菜を食べるときは生野菜ではなく、温野菜などにして食べるようにすることで、冷えから体を守りビタミンやミネラルなどをしっかりと摂取することが出来ます。

いろんな野菜を入れたスープなどがおススメです!

そして、いつも以上に油分と塩分はカットするようにすれば、食事に注意する部分はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です