体重増加を防ぐ!この運動なら妊娠中でもOK!

つらいつわりを乗り越えると・・・やっと食べ物がおいしく感じる日々の到来です!

happy

しかし、そんな日々がやってくると待ち構えているのは体重増加と言う怖い現象・・・

 

現象も何も結果論なんですけどね・・・

 

妊娠中の体重増加は10kg前後までです。

 

胎児や胎盤、羊水のせいで体重が増えるのは仕方ありません。

 

ただし、太ってしまうと難産などの問題が出てしまうので、太らないようにするのが一番なんです。

 

そこで、妊娠中でもOKな運動をご紹介します。

 

 

痩せるならやっぱりこれ!

walk

 

 

 

妊娠中じゃなくてもダイエットの運動の定番のウォーキングが一番です!

 

外の空気を吸って太陽の陽を浴び、ゆっくりとウォーキングするんです。

 

ウォーキングする際のポイントです!

 

歩くときは骨盤がしっかりと動いているかを意識しながら歩きます。

 

簡単に言うと、お尻を振りながら歩く感じです。

 

そして、膝を上げて歩くようにすることで股関節の柔軟にもなり、妊娠中の便秘を解消させる効果があります。

 

股関節と骨盤を意識して歩くことで、腸への刺激にもなります。

 

妊娠中は子宮が大きくなりそれに圧迫されて便秘になりやすくなってしまいますからね・・・

 

膝を上げすぎるとお腹の中の赤ちゃんが負担となって嫌がってしまう場合があるので、ほどほどにしましょう。

 

 

マタニティヨガでリラックスとリフレッシュ

ninnpuyoga

 

 

 

ウォーキングをするのもいいんですが、もし外にいるときにお腹が張ってしまったら・・・体調が悪くなってしまったら・・・

 

そんな不安を持ってしまうことだってありますよね?

 

そこで、自宅でも簡単にできるマタニティヨガなんていかがですか?

 

マタニティヨガはヨガと同じですが、妊娠中でも出来るようになったヨガなので、ゆっくりとした動きなのに陣割と汗をかくいい運動になるんです。

 

また、自宅などの室内で行う事が出来るので、自分のペースで行う事も出来ますよね!

 

ジムやサークルなどもありますが、近くに無い場合はDVDや本などもありますので気軽に始める事が出来ます。

 

 

気分が乗らない時こそ家事で身体を動かす!

ninnpu

 

 

 

妊娠中は体調面でもメンタル面でもなかなかゆっくり出来る時ってないですよね・・・

 

気分が乗らない時だってあります!

 

なかなかウォーキングやマタニティヨガなどの運動をする気にならない時は、普段の掃除や洗濯で身体を動かすようにしてみてはいかがでしょうか?

 

気分が乗らない時は、無理に運動をしなくたっていいんです。

 

一番悪い事は、ストレスが溜まってしまう事です。

 

ストレスが溜まってしまう事で、食欲に逃げてしまう事が多いんです。

 

ストレスによって体重増加なんて嫌ですよね?!

 

ストレスを溜めずに身体を動かせばいいだけです。

 

ただし、運動をすると言ってもしっかりと主治医と相談をして行うようにしましょう。

 

胎児と母体の健康の為ですから、体調などを優先して行うようにしてください。

 

絶対に、無理は禁物です。

 

運動をしなくてはいけないと、考えるのではなく、気分をリフレッシュさせると考えて、身体を動かすようにしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です