泳げない人でも水泳ダイエット!

身体への負担も少なく、簡単に継続して続けられる水泳ダイエット。

free

しかし、泳げない人にとってはハードルの高いダイエット方法に思えるかもしれませんね。

 

ジムやウォーキング、ランニングに比べると、水中での運動なので怪我の心配などもありません。

 

怪我の心配もなく、行っている最中は身体への負担も少ない水泳ダイエットですが、カロリー消費は高いのでお勧めです。

 

泳げない人にもおすすめの水泳ダイエット方法をご紹介します。

 

 

水泳ダイエットを始める前に・・・

nooo

 

 

 

水泳ダイエットを始める前に注意点があります。

 

これから水泳ダイエットを始めようと思っているそこのあなた!

 

水着やゴーグル、キャップやタオルなどの準備はできていますか?

 

では、あなたの今の体調に不安はありますか?

 

例えば少し寝不足、ちょっと風邪気味、血圧が少し高いかも・・・

 

今の健康状態に少しでも不安があるときは絶対に泳がないようにしましょう。

 

ちょっとだから平気・・・その思い込みが怪我や事故の元となるんです。

 

泳いでいるときに足がつってしまったり、溺れてしまったりと大惨事になってしまう可能性があるんです。

 

ですので、ちょっとでも体調に不安がある場合は絶対に泳ぐのはやめましょう。

 

 

泳げなくても出来る水泳ダイエット!

kabnaduti

 

 

 

泳げない人でもプールでダイエットすることが出来ちゃいます。

 

外でのランニングやウォーキング、ジムかよいなどでは不意の事故や怪我の心配がありますよね。

 

とくにランニングやウォーキングの場合は外を歩くわけですから車や自転車との接触事故!なんて心配だって出て来ます。

 

ジムはジムで器具での怪我の心配だってありますよね。

 

そもそも、ランニングやウォーキング、ジム通いにちょっと抵抗がある人だっているかもしれません。

 

さて、泳げない人はプールに入ったところでどうやって運動するのか?!

 

それは水中ウォーキングです。

 

その名の通り、プールの中で歩くんです。

 

たったこれだけ!水の抵抗があるのですんなり歩けるわけではなく、全身の筋肉を使って歩かなければいけません。

 

水が怖い人もいるとおもいますので、そういう方は是非ビート板を使って身体を支えながら歩くようにしましょう!

 

慣れるまでは、プールの壁を触りながら歩くのもおすすめです。

 

慣れてきたらビート板に変えて歩いてみましょう。

 

 

 

ダイエット効果を上げるためには?!

breakstroke

 

 

 

ビート板を使用しないで歩けるようになった人、もともと泳げるけど水中ウォーキングをしたい人におすすめの、ダイエット効果を高める水中ウォーキングの方法をご紹介します。

 

普通に歩くのも良いんですが、少し大股で歩くようにし、手を平泳ぎの様に動かして歩くようにしてみましょう。

 

平泳ぎの手の動きからは胸の前で合掌してまっすぐ前に伸ばしてから、手の甲を合わせて半円を描く様に水をかきます。

 

そして元の合掌のポーズに戻し、また手を伸ばして水をかく・・・

 

これの繰り返しです。

 

とても簡単です。

 

泳げに人はとにかく見ずに慣れる事から始めましょう。

 

ダイエットは継続してこそ結果が出るんです!

 

楽しくダイエットをして美しい体型をゲットしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です