筋トレ前後にはストレッチを!

筋トレと言えば、ダイエットを目的にしている人もいれば、運動不足解消のためにしている人もいますよね。

トレーニング

筋トレは筋肉を育てて筋肉を作り、脂肪を燃焼しやすい身体にするための行為ですよね。

 

その筋トレを行った後にはストレッチをすることをお勧めします。

 

筋トレの後のストレッチの効果で、筋肉の育ち方や痩せやすい身体の作り方が変わってくるんです。

 

では、筋トレの後のストレッチについてご紹介します。

 

 

 

なぜ筋トレの後にはストレッチが必要なのか?!

hmm

 

 

 

筋トレの後だけではなく、身体を動かすためには、筋肉や筋がしっかりと機能するためにも運動前、運動後にはストレッチがおススメです。

 

ストレッチと言っても、運動前に行うのは準備運動になりますが、怪我を予防するためにも必要なんです。

 

そして、筋トレの後のストレッチでは、刺激した筋肉の疲労回復のためにも行います。

 

せっかくダイエットのために身体を動かすわけですから怪我をしてダイエットを中止したり休憩したりはしたくないですよね!

 

たかが筋トレと思っているかもしれませんが、筋トレだって十分運動なんですから、準備運動と疲労回復は欠かさずおこなう様にしましょう。

 

 

 

筋トレの前には筋肉を伸縮させてストレッチを!

stretch

 

 

 

 

筋トレを行う前には、準備運動がとても重要です。

 

筋トレでこれから体を動かすから必要ないと思う人が多いと思いますが、筋トレでしっかりと筋肉を進取させるためにも、そして筋トレのフォームを良くして怪我の内容にするためにも、筋トレの前にはストレッチが必要なんです。

 

ストレッチをしないまま筋トレをしてしまうと、身体の筋肉が凝り固まっている場合があったり、綺麗なフォームで筋トレを行う事が出来ないことがあるんです。

 

筋トレは回数をこなすのではなく、綺麗なフォームと呼吸法があってこそ負荷がかかって筋トレの効果が増すんです。

 

筋トレの前に簡単なストレッチをするだけですので、身体の筋を伸ばしたりラジオ体操をするだけでも十分効果がありますよ!

 

筋トレの前に簡単に体を動かすだけしっかりと身体が温まってくれるので筋トレを行いやすくなります!

 

 

筋トレの後はゆっくりとしたストレッチを!

balanceball

 

 

 

筋トレが終わった後の筋肉はとても傷ついている状態なんです。

 

それが筋肉痛となって、筋肉痛が治まる頃には新たな筋肉へと成長している時期なんです。

 

では、筋トレの後にはどんなストレッチがおススメなのか・・・

 

筋トレで筋肉は傷ついているので、ゆっくりとした主に筋を伸ばすかのようなストレッチがおススメです。

 

ゆっくりと屈伸をしてみたり、足を伸ばしてみたり・・・

 

筋トレが終わって少し時間を置いてから行うのではなく、筋トレが終わってからの身体が温まっているときにストレッチをするようにしましょう。

 

身体や筋肉が冷えてしまってからだと、筋肉の疲労を回復させることが出来ません。

 

ですから、ストレッチは筋トレが終わってからすぐ行う様にして、しっかりと筋を伸ばして、筋肉の疲れを取り除く様にゆっくりとした動きのストレッチがおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です