半調理野菜を利用してダイエットを成功させよう

健康的なダイエットのためには、食事の量を極端に減らすよりは
野菜の量を増やすことが大切です。
しかし、野菜料理は時間がかかるので面倒になっていませんか?
まとめて買っても、余って捨ててしまうともったいないですね。
そんなときに便利なのが半調理野菜です。
ここでは、半調理野菜のメリットやメニュについてお話します。
食物繊維が多い野菜をたっぷり食べると、便秘もよくなり
ウエストもすっきりします。

33c148867d4238378d1594d6ece289c0_s

半調理野菜の良さ

半調理野菜は、スーパーで野菜が安いときにまとめて買えるので
お得です。
サラダや煮物、みそ汁やスープといろいろなメニューに
取り入れることができるので、飽きないです。
時間がないときは、レンジでチンしてドレッシングをかけるだけでも
野菜が食べれます。
冷凍してもいいのですが、美味しく食べるためには
次の日までに食べる野菜を選びます。

ブロッコリー

f5f25226489eff0285454a7e902959d3_s

フィトケミカルが、豊富で注目されています。
生活習慣病予防になるスルフォラファンや、細胞を若々しくする
カロテンも含まれています。
ブロコリーは、小房分けて塩をして蒸しておきます。
サラダで、食べている方が多いですね。
朝食のサラダには、にんじんやキャベツを入れてみましょう。
また、ゆで卵をプラスするとたんぱく質もとれます。
豚肉をカレーと粉チーズで味付けてして、ブロッコリーで巻いて
レンジにかけると食べやすいし、お弁当のおかずにもなります。

キャベツ

ざく切りにして、塩を入れて蒸しておきます。
サラダは定番ですが、和風のお浸しにもあいます。
レンジで温めたキャベツにネギを切ってのせて、鰹節をかけて
みましょう。
焼き魚の、付け合わせにあう一品です。

にんじん

29150532566340c301e499af197f7879_s

にんじんは固いので、調理に時間がかかります。
拍子切りにして、蒸しておきます。
見た目も綺麗な野菜なので、和洋中の料理に大活躍します。
油と一緒に使うと、ビタミンAの吸収率がよくなるので
サラダにマヨネーズを使ったり、野菜炒めにすると最適です。

かぼちゃ

7e068b062174455ccd13925808f1ea92_s

かぼちゃは一口大に切り、蒸し煮にしておきます。
煮物に大活躍のかぼちゃですが、コンソメスープや
シチューのように洋風料理にもぴったりです。
ベータカロチンが豊富に含まれているので、免疫力を
アップさせる力が強いです。
また、体を酸化から守る力も強いです。
体を温める効果があるので安心して食べることが
できます。

オクラ

81fccaafe2ffe3238df8625d92ff395e_s

オクラは、塩でさっとゆでておきます。
同じネバネバ野菜の、山芋と合わせると夏バテ予防になります。
ペクチンが含まれているので、コラーゲンの生成を助けてくれて
シミやしわの予防にもなります。
水溶性の食物繊維がたっぷりなので、整腸効果があり
便秘の改善にもなります。
スーパーで選ぶときは、小さいもののほうが味が美味しいです。
和風料理が合いますが、パスタやカレーのトッピングでもOKです。

最後に

半調理野菜を利用して、ビタミンミネラルを体に入れて
すっきりしたウエストになりましょう。
慣れると、調理時間もだんだん短くなってきますよ。
脂っこいものが、だんだん苦手になってくるから不思議です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です