生理によってダイエットに失敗してしまうことがある?

生理によってダイエットに失敗してしまう?
生理とダイエットの関係性について考えてみましょう。

生理とダイエットというのはとても関係性が深いです。
生理周期というのは大きく分類すると4つに分けることができます。
その周期によってダイエットに向いているのか、向いていないのか異なります。
生理前だから太ってしまった、生理が終わったから痩せた!
そのような言葉を耳にすることも多いですが、これはどういった関係性があるものなのでしょうか。

女性ホルモンの関係性

生理後は一番痩せやすいと言われていますが、それはどうしてなのでしょうか。
それは、女性ホルモンの分泌量が深く関係しています。

生理後から排卵日までというのは、エストロゲンが多く分泌されるのですが、この時期にはふさぎ込みがちだった気持ちも体調も良くなりますし、集中力もアップします。
そのため、ダイエットに対しても積極的に、やる気も出ます。

それとは反対にエストロゲンの分泌量が低下する時期には体が疲れやすくなってイライラしてしまったり、血行が悪くなります。

そのため、より効率よくダイエットの効果を高めるためには生理後にダイエットをするのがおすすめです。
では、生理後どのくらいのタイミングで行えば良いのでしょうか。
ダイエットをするのであれば、生理直後7日間がベストです。

生理後7日間というのは代謝が非常に活発になりますし食欲もある程度コントロールできるようになります。
さらに精神面もダイエットに適しています。

ストレッチやウォーキングといった軽めのものからスタートしても良いのですが、思い切ってランニングなどの動きのあるものに挑戦してみましょう。

生理終わりの効果的なダイエット方法としては、やはり有酸素運動が挙げられます。
体内の水分や脂肪分を蓄えようとしている時期から生理終了時期になると、少しずつ血液の流れなども改善されていくようになります。

血行が良くなることで代謝も飛躍的にアップしますし、便秘解消もしやすくなります。
脂肪燃焼効率も高くなっていますので、ジョギングやマラソンといった有酸素運動を積極的に取り入れるようにしてみましょう。
サイクリングでももちろんOKです。

無酸素運動も取り入れる

少しでも早く体重を落としたいという場合には、有酸素運動ももちろん重要です。
しかし、体重をとにかく落としたいだけでなく、リバウンドを防ぎたいと思うのであれば筋力トレを取り入れるようにしましょう。

筋トレを行うことで代謝を高めることができますし、有酸素運動前に筋トレを行うことで、効率よく効果を得ることができます。
免疫力を高めることにもつながりますので、無酸素運動を行うようにしてから有酸素運動を行うことで、高い効果を期待することができます。

食事にも注意

生理後の効果的な運動方法を実践しつつ、同時に食生活にも注意してほしいことがあります。
それは、ジャンクフードやお菓子といったものをできるだけ控えることです。

そして糖質摂取量を控えることで、脂肪分の分解効率が良くなります。
効率よく脂肪を燃焼させることができれば、ダイエットもどんどん進みますので、是非参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です