足が太くなってしまうのはどうして?どうすれば細くできる?

足が太くなってしまうのはどうして?
足を細くするポイントといえばなんなの?

足が太くなってしまうのはどうしてなのでしょうか。
周りの友達はみんな足が細いにも関わらず、どうして自分だけ足が太いのか…
そのように悩みを抱えている方も多いでしょう。

足が太くなるのには、必ず理由があるものです。
そしてその理由を理解しておくことで、太くなった足を細くできない理由も分かるはずです。

筋肉太り

もともと筋肉質の人であったり、激しいスポーツをしている人というのは表面の筋肉を鍛えることで運動能力がアップさせなければなりません。
つまり、筋肉を鍛えることによって、足が太くなりやすいのです。

特に激しい運動をしているにも関わらず、マッサージをせずにそのままの状態にしている人というのは、乳酸が溜まり足が太くなってしまいやすい傾向にあります。

また過去にスポーツをしていて筋肉を鍛えていた場合、急に運動をやめてしまうと脂肪に変化してしまいますので、脂肪に変化してしまうことがあります。

むくみ

むくみというのは塩分の過剰な摂取によって引き起こされます。
女性は筋力が弱いので、新陳代謝がスムーズに行われずに血行が悪くなって、老廃物やリンパ液といったものが溜まりやすくなるのです。

では効果的に足痩せをするために欠かせないことというのはどのようなものがあるのでしょうか。
足痩せダイエットをどのように行うのか疑問に思われるかもれません

足痩せというのは、長期的に運動を取り入れることで効果を期待しやすくなります。
ただしどのくらいの期間で効果がでるのかは個人差があります。
老廃物が排出されて見た目がすっきりとすることもあります。

マッサージやストレッチは、できる限り行うようにしてみてください。
また、筋トレをするのもおすすめなのですが、筋トレの場合には一度にまとまった回数をするのではなく、何度かに分けてトレーニングするようにしましょう。

例えば、スクワットを100回するのであれば、一度に100回するのではなく朝昼夜の3回に分けるなどしてみてください。

塩分を控えた食事

下半身太りの原因は塩分の過剰摂取にあるとも言われています。
足を太くしてしまう理由は、血液の内部の塩分濃度が上昇してしまうと、体外へと水分を排出しようとします。

そして体がどんどんむくんでしまうようになるのです。
その水分が重力で下半身に溜まっていくのです。

このような塩分を体外へ排出するのであれば、カリウムが豊富に含まれる食品を食べるようにしましょう。
納豆やほうれん草、トマトやくるみといったものがそれに該当します。

極端に塩分の摂取量を減らしすぎてしまっても、体に必要なだけの塩分が不足してしまいます。
そのため、まずは過剰に摂取してしまっている塩分の量を、本来あるべき摂取量へと制限していくようにしなければなりません。

このように下半身が太ってしまう理由というのは様々です。
少しでも下半身太りを改善したいのであれば下半身が太っている原因を取り除き、下半身の脂肪や水分を排出させなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です