産後の垂れた胸を復活させるには?産後の垂れた胸を戻すコツ

産後に垂れた胸は戻すことができるのでしょうか。
産後に胸が垂れる理由と改善法をご紹介します。

産後に垂れた胸というのは誰もがショックを受けるものです。
では、産後に胸が垂れるのはどうしてなのでしょうか?

妊娠や出産、産後において授乳の期間を経過すると母乳を作ることによって胸が急激に大きく膨らみます。
そして大きくなるために伸びた皮膚がしぼんでしまうことによって胸が垂れてしまうのです。
一度垂れると妊娠前のようにきれいに戻すことはむずかしくなります。

授乳によって乳首が外側に広がったり、形が悪くなります。
しかし、下着を付けていればそこまで気になることはありません。

これは皮膚の伸縮が原因となっています。
産後に胸が垂れてしまうのは母乳を作って、溜め込むためにパンパンになるためです。

授乳期が終わると母乳を作る働きが一時的にストップされることになります。
その結果皮膚の収縮が起きてしまうのです。
一度伸びてしまった皮膚は自然ともとに戻ることはありません。
そのため、垂れ下がりを直すというのは不可能なのです。

胸が垂れるのを防ぐには、授乳用下着を着用をして胸を固定します。
そして下に落ちてしまうことがないようにすることです。

また、胸が垂れる原因となっているのは、赤ちゃんが強く乳首を引っ張ることも関係しています。
このような場合にはバストアップをすることによって形を少しだけ戻すことができます。
大胸筋を鍛えるエクササイズが有効になります。

出産後にバストの大きさはピークを迎えて、授乳から断乳までの間にどんどん小さくなります。
このように大きくふくらんだバストの皮膚がしぼんでいく時に負担がかかってしまい、垂れてしまうこともありますので注意しなければなりません。

産後もバストを美しくするためにも、ケアは忘れずに行うようにしましょう。
また、クーパー靭帯が切れてしまうことも胸が垂れる原因となります。

クーパー靭帯が切れてしまう

産後に胸が垂れるのを防ぎたいのであれば、クーパー靭帯が切れないようにしましょう。
そしてバストアップしたいのであれば、靭帯をしっかりと鍛えるようにしましょう。

クーパー靭帯が切れてしまった場合にも残っている靭帯を鍛えることでバストアップすることも可能です
また、大胸筋を鍛えるというのも有効です。
できるだけ靭帯が切れてしまわないように下着を着用したり、できるだけ揺れないようにしましょう。

乳腺の衰え

また、産後に胸が垂れてしまうのは授乳中に発達をした乳腺が衰えるからです。
垂れた胸を元に戻すためにはバストのマッサージをして、サイズのぴったりのブラジャーを着用するというのが効果的になります。
一度垂れてしまうと元通りに戻すのは難しいのですが、地道に努力を続けるようにしましょう。

産後には母乳を出さなければならないので、妊娠中から産後はバストのサイズが大幅にアップしています。
母乳が溜まることで胸がパンパンに張るのですが、母乳を飲ませると張りもなくなって柔らかくなっていきます。
そして最終的にしぼみます。

さらに卒乳をすると母乳が作られなくなるので胸の張りもなくなって皮は伸びて垂れてしまうのです。
産前のバストに戻すためにはバストケアや体操に取り組むようにすべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です