顔のむくみを取る3つの方法

顔太りの主な原因はむくみが多いんです。

hmm

朝、鏡を見てパンパンになった顔を見た時ってすっごく悲しくなりますよね・・・

 

このまま大きさが戻らなかったらって思ったら焦っちゃいます・・・

 

お昼になる頃には元の顔の大きさに戻りますが、むくみ知らずの毎日を過ごしたいですよね!

 

そんなむくみ知らずの顔になる3つの方法をご紹介します!

 

ぜひ実践してむくみ知らずの顔で過ごしましょう!

 

 

食べ物で顔のむくみを取る!

hourennsou

 

 

 

顔がむくんでしまう原因は体内の水分量が関係してきてしまうんです。

 

塩分を摂取することによって体内の塩分濃度が高くなり、その濃くなってしまった塩分濃度を薄くするために体内では水分を作り出して薄めようとします。

 

体内で水分を作ることが出来なくなってしまったら水分を摂取して補おうとします。

 

すると、作り出した水分と摂取した水分の2つのお陰で体内の水分量はなかなかの量になりますよね?

 

その結果がむくみなんです。

 

お酒の席や夕飯の席では塩分が多く使われている料理が出やすいですよね。

 

その塩分を上手に排出させるためにはカリウムを摂取する必要があるんです。

 

塩分排出を手助けしてくれるカリウムが多く含まれている食材はホウレン草やモロヘイヤ、アーモンドやカボチャバナナやリンゴなどを食べてあげる事で、塩分の排出がしやすくなるんです。

 

 

ストレッチでむくみを取る!

yoga

 

 

 

体内に溜まっている老廃物や水分をしっかりと血液と共に促して排出させてあげる事で、むくみは治まってくるんです。

 

もちろん、先ほど紹介した食材をしっかりと毎日摂取しながらもストレッチやマッサージを加えてあげる事で毎朝のむくみは軽減されます。

 

もちろん、塩分を控えた食生活をすることでよりむくみにくくなるんですけどね・・・

 

しかし、外食が多かったり自炊が出来ない場合もありますよね・・・

 

そんな時は簡単にできるむくみ解消のストレッチでむくみをある程度抑えてあげましょう。

 

顔に溜まっている水分をしっかりと促してあげるためにも首回りのストレッチが重要です。

 

頭をゆっくりと前後左右に5回ずつ倒します。

 

そのあとは、ゆっくりと時計回り反時計回りに5回ずつ回して首筋の血管を刺激してあげるんです。

 

すると水分や老廃物でゆっくりになっていた血流がストレッチによる刺激で血管の流れが元に戻るんです。

 

そして、血液と共に溜まっていた水分が循環されて排出されるようになるんです。

 

 

マッサージでむくみを取る!

cream

 

 

 

首筋のストレッチで血管を刺激して、血液の流れをスムーズにしてあげたら、今度はマッサージで本格的に顔まわりのむくみを取ってあげましょう!

 

マッサージをするときは、乾いた肌と手で行うのではなく、保湿クリームやマッサージオイルなどを使用してマッサージを行ってください。

 

摩擦によって肌に負担をかけないためです。

 

まずは目の周りの窪みを上下交互に目頭から目尻に向かって少し力を入れて指を滑らせます。

 

その次はあごから耳の下に向かって軽く力を込めながら指を滑らせます。

 

続いて、耳の下から鎖骨へ、鎖骨の中心から脇に向かって順に指を滑らせてあげるんです。

 

このマッサージを行う事で顔に溜まっている水分をしっかりと全身に循環させて体外に排出させることが出来、むくみを改善させることが出来るんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です