顔太りの原因?!歪みとコリを取り除く3つの方法!

顔太りの隠れた原因の一つでもある歪みとコリ・・・

omg

顔の骨格も歪むし、顔の筋肉も凝るって知ってましたか?!

 

普段の何気ない姿勢やしぐさが癖となって、顔の歪みやコリを招いているんです。

 

歪みやコリを取り除いてくれる専門の病院などに行かなくても、自宅で簡単に歪みやコリを取り除くことが出来ちゃう簡単な方法をご紹介したいと思います!

 

 

顔した半分の歪みを治す咬筋マッサージ!

OK

 

 

 

顔の歪みを取り除くためにもまずは、凝り固まっている筋肉を揉み解すことから始めましょう!

 

まずは、頬の部分で顔を上下半分に分けて考えてみましょう。

 

すると、顔の真ん中には大きな筋肉があるんです。

 

頬骨の下からえらの部分までを覆う「咬筋(コウキン)」です。

 

この咬筋のコリが無くなると筋肉と骨はしっかりと寄り添う事が出来るようになるので、顔太りの原因ともなる歪みを取ることが出来るんです。

 

ではしっかりと咬筋をマッサージするために場所を把握しておきましょう!

 

口を閉じた状態で置く場をぐっとかみしめると、頬骨の下にポコッと膨らむ部分があります。

 

その膨らみが咬筋と言う筋肉なんです。

 

この咬筋を親指以外の4本の指で小さな円を描く様にマッサージをしてあげるんです。

 

決して力を込めないでください!

 

痛みを感じない程度の力で十分ですので、コリをほぐすように3分ほど気付いた時にマッサージをしてあげてください。

 

 

頭蓋骨をマッサージして骨格の歪みを取る!

oops

 

 

 

頭蓋骨をマッサージするとなったら自分で出来るのか?!って思っちゃいますよね。

 

今回ご紹介する頭蓋骨のマッサージ方法は自分でも簡単にできるマッサージ方法ですので、ぜひ挑戦してみてください。

 

まず、耳の上に手のひらを置き、後頭部を指で覆う様に添えます。

 

手の平を置いている部分を後頭部の方に引っ張るイメージで手の平の下の部分でマッサージしてあげるんです。

 

力を込めない様に心地よいと感じる程度の加減でマッサージするようにしましょう。

 

咬筋と違って頭蓋骨をマッサージするわけです。

 

骨をマッサージしてあげると言うイメージで行う様にしましょう。

 

 

あごの開閉で歪みコリを解消!

happy

 

 

 

顔が歪んでいたり、筋肉が凝り固まっていたら顔の変な部分に脂肪がついてしまい、顔太りの原因にもなってしまいます。

 

顔の辺の部分に脂肪がつかないようにするためにも、顔全体の歪みと筋肉のコリをしっかりと解消してあげましょう!

 

やはり、あごを基準として筋肉のコリや歪みが出やすくなってしまいますので、あごの付け根部分の筋肉のコリをほぐして同時に顔の歪みを治しましょう。

 

耳たぶのそばに、口を開け閉めすると凹んだり膨らんだりする場所があります。

 

あごの付け根部分ですね!

 

その部分に手のひらの根元を当てます。

 

そして、いたくない程度の力で抑えたまま、ゆっくりと口を大きく開け閉めします。

 

勢いをつけて口を開け閉めするのではなく、ゆっくりと行いましょう!

 

大体20~30回ほど行ったら、次は、あごを左右に動かしてあごの付け根部分の筋肉をさらにほぐしてあげます。

 

たったこれだけでOK!!

 

顔の歪みや筋肉のコリによって、脂肪が変な部分についてしまい、顔太りとなってしまうんです。

 

それを防ぐためにも、マッサージをしてあげて歪みとコリを取り除いてあげましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です