ポッコリお腹とさよなら!くびれを作るトレーニング3選

薄着になる季節!

sitdown

体型も気になるし、身体のラインも気になりますよね!

 

身体のラインの中でも特に女性が気になるのはくびれではないでしょうか?!

 

しかし、くびれは腹筋をトレーニングするだけでは作り上げる事が出来ません。

 

ポッコリお腹とさよならも出来、くびれも手に入るトレーニング方法をご紹介させていただきます!

 

自宅で簡単にトレーニングすることが出来るので、是非トレーニングをして女性らしいくびれを手に入れましょう!

 

 

腹斜筋を鍛えてくびれをゲット!

hukushakinn

 

 

 

女性らしさの特徴でもあるくびれを手に入れるためにも必要なのは腹筋ではなく腹斜筋です。

 

わき腹から腹筋の近くにある筋肉が腹斜筋なんです。

 

この腹斜筋があるかないかで、くびれの出来が左右されてきます。

 

では、自宅でも簡単にできる腹斜筋のトレーニングをご紹介します。

 

まずは、床に仰向けになって寝ころび両ひざを立てます。

 

そしていつもの腹筋運動の様に両手を後頭部に添えます。

 

ゆっくりと息を吐き出しながら起き上って肘を反対側の膝につけるようにします。

 

慣れるまではきついと思いますので、回数をこなすのではなく肘と膝をくっつけるようにして身体を動かすイメージです。

 

そしてゆっくりと息を吸い込みながら上体を戻します。

 

反対側も同じく行い、慣れるまでは左右10回ずつから始めるようにしましょう。

 

慣れてきたら回数を増やしていきます。

 

 

ダンベルを使ってくびれをゲット!

dumbbell

 

 

 

どのトレーニングでもそうですが、勢いをつけて反動で行ったり、早いペースでトレーニングを行うのは効果がありませんので絶対にやめましょう。

 

そして、ゆっくりとトレーニングを行う時に一番ポイントとなるのが、呼吸です。

 

ゆっくりとした呼吸に合わせて身体を動かすことで、身体に負荷がかかりトレーニングの効果が高まります。

 

今回はダンベルを使ってのトレーニングです。

 

背筋を伸ばして立ちます。

 

足は肩幅よりも少し広めです。

 

片方の手にダンベルを持ち、もう片方の手を頭の後ろに添えます。

 

ダンベルを持っている方にゆっくりと息を吐き出しながら傾けていきます。

 

わき腹や腰がぴくぴくするくらいまで傾けたらその状態でゆっくりと深呼吸をし、またゆっくりと息を今度は吸い込みながら上体をまっすぐに戻します。

 

左右20回ずつ行いましょう。

 

慣れてきたら回数を増やしたり、ダンベルの重さを大きくするのもおすすめです。

 

 

くびれだけじゃなく便秘解消にも!

teruteru

 

 

 

最後はめちゃくちゃ簡単なストレッチです。

 

肩幅よりも広く足を開いて背筋を伸ばして立ち上がります。

 

手をブラブラとさせながら上半身を左右にゆっくりと動かして身体を絞る様にするだけです。

 

気分はテルテル坊主です!

 

たったこれだけのストレッチなんですが、ウエスト部分のくびれを作ってくれるだけではなく、腸を刺激してくれるので、便秘の解消にもつながるんです!

 

勢いをつけて反動で身体を動かしたくなりますが、憩いと反動だけで身体をひねる運動をしていては腰を痛めてしまう原因にもなるので、絶対にやめましょう!

 

くびれをゲットして女性らしい身体のラインを作り上げましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です