お腹周りを引き締める姿勢はこの3種類!

あなたは普段の姿勢によって骨格が歪み、ポッコリお腹の原因ともなってしまう脂肪が付きやすくなってしまうのをご存知ですか?

omg

普段の何気ない姿勢だけで、だらしのないお腹になってしまうんです。

 

お腹周りを引き締めるためにも、実は姿勢ってすごく大事なんですよ!

 

姿勢を正してあげる事で身体の必要な場所に筋肉が付き、身体の歪みも解消されるんです!

 

 

普段の立ち姿からお腹周りを引き締める!

sisei

 

 

 

あなたは普段、まっすぐに立てていますか?!

 

立ち姿はあなたの身体の歪みをしっかりと映し出すことが出来ます。

 

自分では気を付けていると思っていても、猫背で合ったり反り腰になっていたりと自分では全く気づきにくいんです。

 

普段立っているときに、お腹とお尻に力をキュッと入れて、立ってみてください。

 

お腹をへこませる様に力を入れてあげるんです。

 

すると、自然とお尻にも力が入るので、ヒップアップにも多少の効果があります。

 

お腹をへこませていることで、腹筋に力が入り筋肉を刺激して、脂肪を燃焼させつつ身体の歪みを改善させることにもつながるんです。

 

お腹をへこませて立っていると、自然と胸を反らせて猫背からちゃんとした正しい姿勢になるんです。

 

普段の猫背などの悪い姿勢をやめて正しい姿勢になるだけで、身体の筋肉には大きな負担となるわけです。

 

それだけ悪い姿勢に慣れてしまっていたからです。

 

猫背をやめて姿勢よく立っているだけで、必要な筋肉が鍛えられてだんだん姿勢も正されていくんです。

 

 

腰の形がお腹引き締めの妨げに?!

kotubannmawasi

 

 

 

壁に背中を付けて立った時に、もし、壁と腰の間に手が入るようであるならば、それは間違いなく反り腰です。

 

反り腰・・・腰が沿っている状態のことを言い、重心が後ろに行ってしまい、腰痛の原因になってしまったり、肩こりの原因にもなってしまうんです。

 

反り腰は腰が反られている状態になるので、お腹周りが前に押し出されてしまいます。

 

そうすると、ポッコリお腹に拍車がかかってしまうんです。

 

反り腰を改善させるためには、壁を使って身体におぼえさせることが重要です。

 

まずは、お尻を壁にくっ付けていきます。

 

その後は腰、そして背中、肩甲骨、首元、後頭部の順に壁にくっ付けていくんです。

 

しばらくその状態をキープしてからゆっくりと壁から離れていきます。

 

すると自然とお腹はへこみ、正しい姿勢を保つことが出来るようになってきます。

 

 

常に気を付けたい!お腹を引き締める座り姿勢

sit

 

 

 

デスクワークや家事の合間に椅子に座りますよね?

 

その着席している時間が長ければ長いほど、どうしても足を組んでしまったり、背中が丸くなってしまったりしてしまいますよね。

 

それこそがまさにポッコリお腹の原因となってお腹周りを引き締めるどころではなくなってしまいます。

 

椅子に座るとどうしても前傾姿勢になってしまいがちですが、耳たぶ、肩、坐骨が一直線になる様に座ってみましょう。

 

背筋や腹筋がプルプルとしてくると思います。

 

悪い姿勢が長かったからこそ、身体は悲鳴を上げてくるんです。

 

正しい姿勢でいる事で、お腹を引き締める事にも繋がり、美しいスタイルを保つ秘訣にもなるんです!

 

今一度、あなたの姿勢を見直してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です