寝起きにおすすめ!ウエストを引き締める3つのストレッチ!

寝起きの身体はまだまだ眠気との戦いでシャキッと動かすことが出来ませんよね・・・

neoki

そんな時にこそ、身体も頭も目覚めさせるためにもウエストを引き締めるストレッチをしてみませんか?!

 

寝起きに行うので難しい事はありませんし、朝からストレッチをすることでその日一日を活発に過ごすことが出来るんです。

 

寝起きにおすすめのウエストを引き締めるための簡単なストレッチ方法をご紹介します!

 

 

朝ストレッチでウエスト引締め&代謝アップ!

uesuto

 

 

 

朝から身体をゆっくりとでも動かすことによって、朝から活発に行動することが出来、食欲が上がって新陳代謝がよくなるんです。

 

しかし、寝起きはどうしても身体をすぐには動かすことってできないですよね・・・

 

だからこそ、ベッドの中でゆっくりとストレッチを行ってあげる事で、頭も身体も目覚めさせてあげるんです。

 

まずは、寝ているときに滞ってしまっている老廃物などを排出させる様に促すためにも、ウエストをねじってあげるストレッチから始めましょう。

 

仰向けになり両ひざを立てます。

 

両腕は横に伸ばしておきます。

 

ゆっくりと呼吸を吐き出しながら片側に両ひざを合わせたまま倒してあげます。

 

ゆっくりと息を吸い込みながら両ひざを元のまっすぐに戻して、またゆっくりと息を吐き出しながら先ほど倒した方とは反対側にゆっくりと倒していきます。

 

眠くても簡単にのんびりとできるツイストストレッチです。

 

頭と身体だけではなくウエスト部分をひねってのストレッチなので、腸の刺激にも繋がります!

 

 

もう一つのツイストストレッチで引き締まったウエストに!

taiiku

 

 

 

ウエスト部分を引き締めるには付近や腹斜筋を育てるのも重要ですが、寝起きでそう簡単にはそんなにハードなトレーニングはできませんよね・・・

 

だからこそ、寝起きはベッドの中で出来るストレッチから始めるんです。

 

先ほどは寝転がったままのツイストストレッチでしたが、今度は起き上がってのツイストストレッチで、先ほどのストレッチよりも負荷がかかるのでより効果的です。

 

体育座りをして、両手をお尻から20cmほど後ろに指先を頭の方にしておきます。

 

その状態のまま、両ひざを揃えてゆっくりと倒していきます。

 

もちろん、両ひざを倒す時にはゆっくりと息を吐き出し、まっすぐに戻す時にはゆっくりと息を吸い込みながら行います。

 

先ほどのツイストストレッチよりも負荷がかかるので、ウエスト引締めには大変効果的です!

 

勢いや反動で行うと腰やひざを痛めてしまいますので、ゆっくりと行いましょう。

 

 

 

背筋を鍛えてウエスト周りをすっきりと!

cat

 

 

 

続いては、用手と両ひざを床に着けて、四つん這いになってのストレッチです。

 

ゆっくりと息を吸い込みながら、背中を上に持ち上げるように意識をします。

 

そのまま15秒ほどキープします。

 

その後、お尻の位置を変えない様にゆっくりと息を吐き出しながら、両手を前に滑らせていき、背中をゆっくりと思いっきり反らせて背中と胸が伸びているのを感じるところまで反らせてあげるんです。

 

猫が伸びているポーズに似ていますよね!

 

この状態で同じく15秒ほどキープしてあげましょう。

 

どのストレッチも寝起きで始めるので10回または15回ほどから始めて慣れてきたら回数を重ねるようにしましょう。

 

勢いや反動で行わない様にすることが最大のポイントです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です