簡単にできる二の腕引き締め方法3選!

ダイエットと言えば全身を使った運動や食事制限などがありますが、部分痩せとなるとなんだか難しそうに思えてしまう人も多いのではないでしょうか?!

ninoude

普段のダイエットの運動に一手間加える事で、なかなか引き締まってくれない二の腕を鍛える事が出来るんです。

 

普段ほとんど使わない二の腕だからこそ筋トレをしなければどんどん禁漁は衰えて振袖のような二の腕に・・・

 

簡単にできる二の腕の引き締め方法をご紹介します。

 

 

カップラーメン待ちの3分でOK!

udeude

 

 

 

二の腕はしっかりと鍛えておかないと、年齢を重ねることによってどんどん肥大化してしまいます。

 

その二の腕お肥大化を防ぐためにも、二の腕筋肉を刺激して、シュッと引き締まった二の腕にしてあげましょう!

 

出は簡単にできる二の腕の引き締めストレッチ方法です。

 

背筋を伸ばして、足を肩幅くらいに開きます。

 

両手を後ろ手組み、ゆっくりと息を吐き出しながら組んだ両手をゆっくりと上に上げていきます。

 

肩甲骨周りや肩周りが凝り固まっている人にはなかなかキツイストレッチになりますが、慣れてくるとどんどん腕を上に上げる事が出来るようになり、背中のコリも取り除くことが出来ちゃいますよ!

 

限界まで両手を後ろに上げたら、その状態で10秒キープします。

 

その後、ゆっくりと息を吸い込みながら腕をおろします。

 

この時、勢いで後ろ手組んだ腕を上に上げたりすると、肩や背中を痛めてしまう原因になるので気を付けましょう。

 

 

ダンベル運動はやっぱり効果的?!

udedannberu

 

 

 

最近では100円ショップなどでも手に入れる事が出来るダンベルを使っての、二の腕引き締めトレーニングです。

 

両手にダンベルを持って足を肩幅に開きます。

 

左右どちらでも構いませんが、ダンベルを持ったまま片方の腕をまっすぐにしたままゆっくりと息を吐き出しながら下から上に向かって伸ばします。

 

腕をまっすぐ上に伸ばして10秒キープします。

 

ゆっくりと息を吸い込みながら肘を曲げてダンベルを持った手が後頭部に来るように曲げてあげます。

 

ダンベルを持ったまま肘を曲げたり伸ばしたりを片方につき10~20回ずつ行います。

 

この時も勢いや反動で肘の上げ下げをしてしまうとひじを痛めることになりますので、ゆっくりと呼吸に合わせて行いましょう。

 

 

筋を伸ばして二の腕のストレッチ!

stretch

 

 

 

トレーニングで二の腕を使った後はしっかりと筋を伸ばしてあげましょう!

 

トレーニング後のストレッチは筋肉を作る為だけではなく引き締めるためにも必要なんです。

 

まっすぐに姿勢を伸ばして立ち、足は肩幅よりも少し大きく開きます。

 

今回はアイテムは不要です。

 

片方の腕をまっすぐ上に伸ばしてから肘を曲げてもう片方の手で肘を抑えて下に押し込みます。

 

そうすることで、腕の筋肉が伸ばされて二の腕の筋肉痛かラマ逃れる事が出来るとともに、筋を伸ばしてあげる事で二の腕の周りや周辺の筋肉が刺激されて、その刺激によって血行が良くなり新陳代謝も良くなるんです。

 

二の腕をしっかりと鍛えてあげる事で、必ず効果もついてくるんです。

 

ゆっくりとトレーニングを行い怪我のないように注意しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です