お尻のセルライトを取る2つの方法

自分ではなかなか気づきにくいお尻に出来てしまったセルライト!

880f22f2181937c5937e1a2ea7fe4437_s

もちろん、エステサロンや皮膚科などに行けばきちんと綺麗にしてもらえるものの・・・

 

時間も無ければお金もない・・・

 

自宅で少しでも出来てしまったセルライトを見えにくくできたら楽ですよね!

 

自宅で自分でも簡単にできるお尻に出来てしまったセルライトの除去方法をご紹介します。

 

 

そもそもどうしてお尻にセルライトが出来てしまうのか・・・

badhip

 

 

 

身体のいたるところに筋肉はついていますよね?

 

もちろん、お尻にだってしっかりと筋肉はついているんです。

 

しかし、筋肉の上には脂肪が付きやすいものなんです。

 

筋肉の上には脂肪が付きやすいんですが、良く使う筋肉の上には必要最低限の脂肪のみです。

 

わかりやすいのは二の腕の力こぶが出来る部分の筋肉やふくらはぎ部分の筋肉の上にはあまり脂肪が付いていませんよね?

 

この様に良く使う筋肉の上には脂肪はなかなかつかないんですが、ほとんど使わない二の腕の下側やお尻、太ももの内側は脂肪が付きやすくてセルライトもできやすい場所です。

 

特にお尻の筋肉はほとんど使う事が無いですよね?

 

筋肉を使わなければ血行不良となってしまい、老廃物が蓄積しやすい状態になってしまいます。

 

すると、その老廃物と脂肪が癒着してセルライトと言う醜いものが出来上がってしまうんです。

 

では、そんなお尻に出来てしまったセルライトを取りの像方法をご紹介したいと思います。

 

 

お尻に出来たセルライトを取るには?

4d927332744a97fd7172af9d747a4f0c_s

 

 

 

お尻と言う部分はどうしても筋肉を鍛える事が出来にくい部分でもありますよね。

 

ヒップアップトレーニングなどを行っていればそれなりにお尻に筋肉を付ける事が出来ますが、そう簡単にはなかなか鍛える事が出来ませんよね・・・

 

だからこそ、脂肪や老廃物が溜まりやすい場所となってしまうんです。

 

鍛える事が出来ずに脂肪や老廃物が溜まりやすい・・・

 

これほど残念な場所はありませんよね・・・

 

まずはお尻の筋肉を鍛える前に血行を良くしてあげて老廃物が溜まりにくい場所になるようにしてあげましょう。

 

そのためにはまずはリンパマッサージを行います。

 

リンパマッサージをしてあげる事で、老廃物はもちろんむくみの解消にもなるのでお勧めです。

 

お風呂上りなど全身の血行が良くなっている時に行うとより効果的です。

 

まず、片足を後ろに少し引いて立ちます。

 

足を伸ばしてかかとは床に着けたままの状態になるように、です。

 

手の平で引いた足の太腿の付け根から腰に向かって少し力を入れてさすりあげるようにマッサージをします。

 

イメージとしてはお尻のお肉を腰に持って行くイメージです。

 

これを5回ずつくらい繰り返して3~4回行うだけです!

 

 

お尻の筋肉を鍛えてセルライトを撃退!

udedannberu

 

 

 

マッサージだけではなく、お尻の筋肉を鍛えてセルライトを撃退しましょう!

 

仰向けに寝転がり、足を揃えて足の裏を床に着けます。

 

頭と肩、両腕を床にしっかりとつけて腰を思いっきりつき出します。

 

お尻に力を入れて腰を持ち上げるイメージで行い、15~20秒ほどキープします。

 

これを5回ほど繰り返して行います。

 

膝から胸までが1直線になる様に体勢をキープしてください。

 

お尻の筋肉を鍛えるためにはまずは血行を良くしてから、鍛えるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です