インナーマッスルに効果のあるヨガポーズ3選!

普通の筋トレだけではなかなか鍛える事が難しいのがインナーマッスルです。

880f22f2181937c5937e1a2ea7fe4437_s

私たちの基本でもあるインナーマッスルを鍛える事で、新陳代謝が上がり痩せやすい身体になるだけではなく、姿勢がよくなるので肩凝りや腰痛も無くなり、身体の様々な不調や怪我の予防にもなるんです。

 

インナーマッスルを効率よく鍛えるのであればゆったりとした動きのヨガがおススメです!

 

 

腸腰筋を鍛えてインナーマッスルを目覚めさせるヨガポーズ!

1af07d4d91614282c0464de6565ef1f9_s

 

 

 

身体のほぼ中心で骨盤の中にあるインナーマッスルの腸腰筋。

 

この腸腰筋を鍛える事で、姿勢を改善したりウエストを引き締めたりと、ダイエット必要な筋肉の基礎を鍛えることになるんです。

 

では、そんな身体・ダイエットの基礎となる腸腰筋を鍛える事が出来るヨガポーズのご紹介です。

 

両足を大きく左右に開いて立ちます。

 

つま先を左足のつま先は左側を向く様に、右足のつま先はまっすぐ前を向くようにしておきます。

 

次に、肩の力を抜いて両手を肩の高さまで上げてまっすぐ横に伸ばします。

 

ゆっくりと息を吐き出しながら腰ではなく骨盤部分から身体をまっすぐ左に傾けて、右のわき腹が伸びるように意識します。

 

上体を倒したらゆっくりと深呼吸をして、ゆっくりと息を吸い込みながら上体を起こして元の体制に戻ります。

 

反対側を行う時は左右対称の動きをするだけです。

 

これがヨガの三角のポーズと言います。

 

 

インナーマッスルだけじゃなくてヒップアップ効果にも!

dbde05cd4f99b137f657e59da6e9d9b5_s

 

 

 

次のご紹介するヨガのポーズはインナーマッスルだけではなく、お腹周りはもちろん、腰痛の改善やヒップアップなどにも効果があるポーズになっております。

 

仰向けになって寝転がります。

 

膝を立てて床にしっかりと足の裏を付け、両手はお尻の横に置きます。

 

足の裏と肩周りで身体を支えるようにしてゆっくりと息を吐き出しながらお尻を持ち上げます。

 

そしてお尻の真下で両手を組み、バランスが崩れてぐらぐらしないように体を支えます。

 

その状態でゆっくりと深呼吸をしてから、ゆっくりと息を吸い込みながらお尻を床に戻します。

 

お尻を持ち上げた時、お尻の筋肉に力を入れるようにすることで、腰などに負担をかける事が無くなります。

 

 

ちょっとハードな舟のポーズ!

399ad61597c0c60f9dc57a28c9dabb48_s

 

 

 

最後にご紹介するヨガポーズはちょっとハードに感じるかもしれません。

 

ですが!!

 

このヨガポーズはインナーマッスルはもちろん、ムダ肉が付きやすいお腹周りや太もも、そしてヒップに効果があります。

 

そして便秘解消にも効果があるんです!

 

体育座りの様に膝を立てて両足をそろえて座ります。

 

両手をひざの裏に添えて息をゆっくりと吸い込みながらつま先を天井に向けて伸ばします。

 

慣れない人は身体がぐらぐらしてしまうし、膝を曲げてしまいそうになってしまうかもしれませんが、慣れるのみです!

 

膝をまっすぐ伸ばせるようになったらインナーマッスルが少しずつ付いてきている証拠です!

 

まずは、つま先を天井に向ける事から始めて、その後に膝を伸ばして体でVの字を作れるようになるようにするのが最終目標にしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です